中イキ

お腹を押さない体外式ポルチオの様子 玲

2021年1月16日

いわゆる体外式ポルチオのやり方も、最近はずいぶんと広まっていますね。

いっぽうで「女性の体に負担なんじゃないか」といった意見も見受けられるようになりました。

ですので今回は、お腹を押さず揺さぶりもしない体外式ポルチオを載せます。

というか「今回も」ですね。

古くはゆうこちゃん、最近でもみやびちゃんやモモちゃんのときにやっていますし。

今回は玲ちゃんのときの様子ですが、まずはこの体験のときの全体の流れといくつかのポイントを紹介しますね。

玲ちゃんの2回目の体験の流れを紹介

雑談(初回より短め)

性感マッサージ

体外式ポルチオ

手マン(時間短め)

フェラや愛撫のやり方など男性を喜ばせる方法のレクチャー

レクチャー中の催眠意地悪

休憩

中イキできるリモコンバイブ

ディルド責め

腰ツボオーガズム

呼吸イキ

手マン

ざっくりとした流れで、間に挿入も2回か3回か入っていたはずです。

体験のときは最初雑談から入るんですけど、初めての子は合計1時間近く費やすことが多いです。

でも玲ちゃんのように2回目以降の子は、もう少し短めになりますね。

ですが雑談、というか事前のコミュニケーションに費やす時間を無くすことはありません。

過去に3回以上の体験になった子たちも何人かいますけど、皆さん事前のコミュニケーションは最低でも20分くらいは行っていますね。

男性を喜ばせる方法のレクチャーは、フェラや男性への愛撫などのやり方や、その際に気をつけることなどをお伝えしています。

高度なテクニックというよりは、人間の生理や男性心理などに基づいた内容ですね。

ただ私の性的嗜好の1つに「感じながらも必死に頑張っている女性の姿」があるので、レクチャー中に催眠などで意地悪しちゃうことがよくあるんですよ。

たとえばフェラのやり方を教えているときに「フェラで感じる催眠」を発動させるとか。

あとは男性の体への愛撫方法を教えているときに「男性の体を愛撫すると自分も同じ箇所が気持ちよくなってしまう催眠」を発動させるとかですね。

そうしたプレイの結果、レクチャーが中途半端になってしまうことがあるのが反省点ですね。

で、今回紹介するのは上記の流れのなかの体外式ポルチオの部分です。

玲ちゃんの体外式ポルチオ動画(お腹を揺らさないバージョン)

さて、改めて体外式ポルチオの話。

SNSで体外式ポルチオ動画を載せる人が増えたこともあり、いわゆる体外式ポルチオのやり方はずいぶんと知られるようになりました。

ただ、その多くは女性の下腹部を押し込んで揺するやり方で、当サイトでもそうしたやり方の体外式ポルチオをいくつか動画で紹介しています。

このやり方自体はけっして間違いというわけではないんですが、女性の下腹部を押して振動させているので、体への負担を懸念する意見が見受けられます。

その心配も当然のことで、力加減を間違えるとお腹を痛くさせてしまう可能性があるのは確かなのは、こちらの記事をはじめいくつか書いてますね。

起き上がった姿勢でお腹を揺すって中イキ ゆうこ

続きを見る

でも体外式ポルチオオーガズムって、別にお腹を押し込まず揺さぶらなくても可能なんです。

押して揺するやり方のほうがオーガズムが起きやすいのは確かですけどね。

同じようにお腹を押さない、揺すらないタイプの体外式ポルチオでも、女の子たちによってそれぞれ違いがあるのがわかるでしょうか?

人によって感じ方が違うので、微妙に触れ方を変えています。

女の子が中イキ自己開発で体外式ポルチオやるときも、押し込んで揺するやり方のほか、こうしたやり方も試してみてくださいね。

以上、玲ちゃんのお腹を押さない体外式ポルチオの様子でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています

・応募人数1300名以上の女性のリアルな声
・体験人数130名以上の実践と経験
・国内外のさまざまなデータやエビデンス

以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています
中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-中イキ