ブログについて

セックスに不満がある女性向けのブログです。

女性のエッチに関する4つの不満を解消し、どうしたら「安全に・楽しく・気持ちいい」エッチができるかについて、体験に来てくれた女性たちの豊富な画像や動画とともに書き続けています。

運営歴は10年を超えました。

初めてこのブログを知った人向けに、まずは内容を簡単に紹介します。

1分で内容を紹介。このブログについて

中イキ・脳イキ・女性向け性感マッサージ・緊縛などの画像動画が豊富にあります。

いずれも体験に来てくれた女性たちの動画や画像で、このブログのオリジナルです。

  • 中イキ関連の動画:約100本
  • 緊縛関連の画像:約300枚
  • 電マや吸うやつなど道具責め関連の動画:約50本
  • 催眠(脳イキ)、女性向け性感マッサージなどの動画:多数
  • 体験した女性たちの感想:動画と画像合わせて、のべ約60名分

ただし、ハメ撮り動画はありません。

ブログのコンセプトに合わないこと、また個人的にハメ撮りは好きではないことが、その理由です。

また、掲載している画像動画は全て本人の自由意志に基づく明示的な同意を得ています。

女性向けのR-18記事が多数

性的快感やオーガズムなどに興味のある女性向けの記事が約300あります。

その中には、おそらく日本で初めて書かれた記事が少なくとも2つあります。

いずれも当時、同じような記事がなかったため書きました。

おそらく日本初の記事その1

感度を上げたい女性必見!セックスでイキやすい体になる、ひとりエッチのやりかた

オナニーのやり方を「ひとりエッチ(1人エッチ)」に変えるだけで感度が良くなり、セックスでイキやすくなり、クリイキだけでなく中イキまでできるようになる。 そんなことを言われたら、簡単には信じられないかも ...

続きを見る

こちらは2013年に書いたものです。

中イキを含め、女性がイケるようになる自己開発(性感開発、中イキ開発)の方法を総合的にまとめました。

今では知っている人も少なくない内容かと思いますが、当時このような記事はなかったと記憶しています。

記事では主に以下の内容について触れています。

  • 女性が自分で自分の心と体の感度を上げる方法
  • 中イキ自己開発の基本
  • 「オナニー」と「ひとりエッチ」の違い

おそらく日本初の記事その2

セリフの暗記は無駄!女性が興奮する言葉責めのやり方を6つの基本パターンで完全解説します

言葉責めというワードを聞いたことのない方は、まずいないと思うんですね。 でも、じゃあ具体的に言葉責めとはどういうもので、どんなやり方をするのかと聞かれたら、たとえば「この変態!」「雌豚が!」みたいなセ ...

続きを見る

こちらは2018年の記事です。

言葉責めについて、単なるセリフの羅列ではなく構造やパターンを紹介しています。

言葉責めの基本は6パターンに分類できるのですが、そうした記事は当時なかったと記憶しています。

記事では主に以下の内容について触れています。

  • 言葉責めとは?
  • 言葉責めが多くの女性に効果的な理由
  • 言葉責めの基本パターン6つ

長年の運営経験と多数の応募実績

2012年の運営開始から、これまでに1400名以上の女性のご応募をいただき、140名以上が実際に体験に来てくれました。

諸事情により掲載していない数名をのぞき、皆さん名簿に掲載してあります。

体験してくれた女性たちの感想も多数紹介していますので、ぜひお読みください。

ブログについてさらに詳しく

ここまでお読みいただいて興味を持たれた方に、ブログについてもう少し詳しくお話します。

キーワードは「オフパコ以前」「裏垢男子じゃない」「いろいろなノウハウの元ネタ」です。

オフパコ以前とは?

オフパコという単語は、Googleのデータ上では2012年7月に初めて確認できます。

いっぽうこのブログは2012年6月スタートです。

ですので、オフパコという言葉が生まれる前から、それに近いことをやっていることになります。

ただし、私自身は「オフパコ」をやっているとは考えていません。

私がなぜこうしたことをやっているのかについては、ある理由があります。

知りたい女性は、後ほど「初めての女性へ」をお読みくださいね。

裏垢男子じゃないとは?

私は、一般的には「裏垢男子」になるのかもしれませんが、そもそも男子という年齢じゃありません。

それにリアルな友人知人には、私が女性の性的快感やオーガズムに詳しいことはよく知られています。

ですので私自身には裏垢という意識もありません。

ブログ運営開始から10年以上になりますが、これまで女性とのトラブルは1回もありません。

その理由はブログをお読みいただければ、多くの女性には伝わると思います。

いろいろなノウハウの元ネタとは?

2019年にブログを移転したため、SEO(グーグルからの評価)がリセットされ、検索では見つけにくくなりました。

ですが移転前は「性感マッサージ 女性向け」「女性のオナニー」「中イキ」など、いろいろなキーワードで検索上位にいたため、月間アクセスは最高40万PVありました。

そのため今世間に出回っている女性のオナニー方法や中イキ開発のやり方、脳イキや言葉責め関連の元ネタの1つとして、多くの人やメディアから参考にされています。

その一部が最初のほうで紹介した、おそらく日本初の記事などです。

ブログを読んで「感度が上がった」「イケるようになった、中イキできた」「セックスについて抱えていた悩みが解消できた」「エッチを楽しめるようになった」といった声を、多くの女性からいただいています。

まずどこから見ればいいの?

近年はスマホから閲覧する方が増えたため、まずどこから見ればいいのかわかりづらいと思います。

このページではスマホユーザー向けに、興味のある内容を見つけやすいように案内しますね。

このブログを初めて知った女性の方へ

初めてブログを知った女性は、まずはこちらからお読みください。

なぜ私がこのブログをやっているのかについて書いてあります。

女性たちの感想が知りたいときは?

これまで体験に来てくれた女性たちを名簿として載せています。

あなたと同じような不満を抱えていた女性が、きっと見つかると思います。

また体験してくれた女性たちからの率直な感想も載せてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

興味のある記事だけ読みたいときは?

興味のある記事を探したいなら、各カテゴリーからお進みください。

スマホからは、画面いちばん上の左にある「MENU」をタップしてください。

サイドメニューが開きまして、主要なページや各カテゴリへのリンクを載せてあります。

また画面を下のほうに進んでいただくと、カテゴリー一覧が見られます。

その下にはサイト内検索欄もありますので、そちらでキーワード検索することもできます。

このブログは長年運営しているため、あちこちの記事に女性のヒントになる内容が散りばめられています。

ですので、お時間のあるときに少しずつ、じっくりお読みいただくことをお勧めします。

ブログの体験をしたくなったら?

このブログの体験をしたくなったら、以下のページをお読みいただいたうえで、応募受付期間中にご応募くださいね。

男が読んでも参考になる?

基本的には女性向けのブログです。

ただし参考にしていただいている男性読者は過去に大勢います。

また要望があったため、男性向けの記事も用意してあります。

男性向けの記事は紆余曲折を経て、今はnoteにて提供しています。

詳細はこちらをお読みください。

SNSなどブログ以外のメディアについて

  • 女性のフォロー、リアクション(いいねRTなど)は歓迎します
  • 男性のフォローは基本的にはリムーブします
  • アカウントを問わず関わりたくないと判断した場合は積極的にブロックします

このブログは女性向けですので、当然各SNSもそれに準じた運営をします。

女性のフォロー、いいね、RTなどは歓迎します。

内容的に難しいかもしれませんが、できる範囲で行っていただけると嬉しいです。

また昨今のSNSは「どのようなアカウントか」を運営に認知させる必要があります。

女性向けのアカウントと認知させるには、女性からのフォローが大半を占めることがポイントです。

そのため男性のフォローは申し訳ないのですが基本的に歓迎しません。

男性と明確なアカウントのフォローはリムーブさせていただきます。

ただしブロックなどはしませんので、チェックしたい場合はリスト機能などを活用してください。

それから私はネットを「私自身にとって楽しく役に立つ」使い方をしたいと考えています。

それに合わないと感じたアカウントは、申し訳ないのですが積極的にブロックさせていただきます。

Twitter

メインアカウントは応募受付をはじめとしたお知らせやブログの更新案内、また個人的な意見の投稿が中心です。

サブアカウントは縦動画・縦画像やプレイ関連の投稿が中心です。

Twitterの仕様からソフトな動画になります。

YouTube

ブログ開始当初から運営しているチャンネルです。

体験に来てくれた女性の感想や、YouTube的に大丈夫なレベルの動画を載せています。

女性の感想インタビューはブログの感想ページからもご覧になれます。

まとめ

応募条件の変更などは、可能な限りTwitterメインアカウントやお知らせでご案内しています。

特に応募を検討していただいている女性は、ときどきご確認いただくことをお勧めします。

このブログには300以上の記事があり、長年運営しているため整理できていない部分があります。

読みづらい点がありましたら恐縮ですが、まずは興味のある内容からじっくりお読みいただくことをおすすめします。

※数字はいずれも2022年時点です。

2021年8月17日