緊縛

ゆずちゃんの緊縛姿

2020年12月19日

女性の絶頂ブログの体験に来てくれた子たちの中でもトップクラスに好奇心旺盛かつ行動力のあったゆずちゃん。

ちょっとだけですけど緊縛もさせてもらいました。

彼女は性癖(性的嗜好)としては特にM寄りというわけではなかったですね。

ノーマル、ニュートラル(N/N)といったところかと思います。

緊縛もやってみたけど性癖的にはノーマル、ニュートラル(N/N)って点では、りんちゃんもそうでしたね。

緊縛初体験 りん

19歳の女子大生りんちゃん。 すでに十分美人さんでしたけど、大人になったらさらに魅力的な女性になるだろうなあと、将来楽し ...

続きを見る

ゆずちゃんの緊縛姿

ご覧のとおり彼女はたいへん緊縛映えする外見でした。

緊縛モデルとして撮りたい人募集したら、応募たくさんくるんじゃないかなーと思います。

誤解ないように書きますと、ここでの体験では胸が大きかろうとそうじゃなかろうと、あるいはスレンダーだろうとぽっちゃりな子だろうと、緊縛されたい子は大歓迎ですよ。

簡単に言えば「我慢も遠慮もなくやりたいことをやる」のが体験の趣旨ですから。

そのあたりはブログの主要なページに書いてあるので、読んでくださいね。

緊縛されたいという動機について

「緊縛されたい」という思いがある女性も大きく2つにわかれるように思います。

1つは美しく縛られた姿、いわゆる緊縛美に憧れるタイプ。

もう1つは緊縛されたシチュエーションに興奮するタイプ。

もちろん両方がブレンドされている場合もあります、それぞれも細部では女性によって違いがあります。。

緊縛美に憧れるタイプの女性は、緊縛モデルにも興味があることが多いです。

いっぽう緊縛シチュへの興奮は、こうしたプレイ的な興味もあることが多いですね。

経験前はそこまでの興味ではなかったのに、経験したら思いが強烈になったというケースはあります。

少し前だと菜々ちゃんとかそうでしたね。

緊縛初体験にもかかわらず縛られることに性的快感を覚えるようになった 菜々

今回は菜々ちゃんが緊縛体験したときの様子です。 初体験の緊縛にもかかわらず、縛られただけで気持ちよくなっちゃったとのこと ...

続きを見る

ゆずちゃんの中イキ開発の様子

さて、中イキ開発の話にうつります。

彼女の前回の記事でも、当日中イキまでには至らなかったと書きました。

体の面ではなにも問題はないと思いましたので、メンタル的な部分で私が彼女を開放させられなかったところが主要因かなーと思います。

ブログ読んでくれている子ならわかると思いますけど、中イキって簡単じゃないんですよ。

そもそも中外限らず女性のオーガズム自体、人類の進化の過程で失われてきた能力なので、イッたことない女性はめちゃくちゃ多いです。

こんど詳しく解説しますけど最新のデータでも20代、30代の女性の約3割がイケなくて悩んでるんですよ。

これ中外限らずなので中イキ限定にしたら、イケない割合もっと増えます。

イケない理由もさまざまで、たとえば肉体面に注目しても、脳、神経、内蔵、骨、筋肉、各器官などになんらかの理由があるかもしれません。

精神面に注目しても不安、恐れ、未興奮、低興奮、非集中などなど、いろいろな理由が考えられるわけです。

なので中イキ自己開発するにしても、結果を焦らず気長にプロセスを楽しんだほうがいいですよ。

というわけで、ゆずちゃんの緊縛姿の記事でした。

最後に中イキ開発のときの様子も載せておきますね。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています ・応募人数1300名以上の女性のリアルな声 ・体験人数130名以上の実践と経験 ・国内外のさまざまなデータやエビデンス 以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています 中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-緊縛