脳イキ、催眠

もっと触っていてほしかった 真由

2021年4月24日

新たな女の子、真由ちゃん。

22歳の学生さんで、2回目のご応募でした。

今回は諸事情により動画は撮影していません。

ちなみに、まゆちゃんとマユちゃんがすでにいるので、彼女は「真由」表記にしています。

マッチングアプリ活用している子 マユ

続きを見る

クンニ初体験ではじめてのオーガズム まゆ

今回は、とある事情により動画は撮っていません。 さて新たな女の子まゆちゃんは、過去に2回応募してくれていたので今回が3回目でした。 最初のときは経験人数2~3人で、それまで感じたことがなかったとのこと ...

続きを見る

真由ちゃんの応募動機

雰囲気や気持ちでも感じることが多く、気持ちが乗っている時は、ただ相手が隣にいたり、ほんの少しの刺激や想像で濡れてしまいます。

自分がSかMかよく分かっていないのですが、押し倒されたり耳元で囁かれたりするのは好きです。

1度手足を拘束したことがあるのですが、開放的なのが好きみたいであまり自分には合っていないようでした。

服を着たまましても、途中で脱ぎたくなってしまいます。

こうした真由ちゃんの応募動機を読む限り「Mではないだろうな」というのが第一印象でしたね。

彼女、2018年にも一度ご応募いただいていたんですけど、そのときも特にMという感じではなかったです。

ですので今回は緊縛や拘束などは、まったく準備しませんでしたし、やっていません。

実際にお会いしてお話してみても、やはりMという感じではなかったですね。

そもそもSとかMにも、いろんな種類がありますし。

真由ちゃんの体験内容

彼女は体験前半は、かなり恥ずかしかった様子。

それでも中への刺激については、これまでの経験などをふまえるとわるくない感じ方だったと思います。

催眠については、久々にコッテコテの古典催眠をやりました。

いかにも「はい、これから催眠術やります!」みたいなやり方でやる催眠ですね。

最近は会話の中で自然に誘導していくスタイルを好んでいたので、ある意味新鮮でした。

彼女は催眠にはガッツリとはハマらなかったですが、緊張感などが十分にはほぐれていなかったのも理由だと思います。

というのも、本人にも伝えたんですけど、体験のときに私の動作を気にする様子が、他の子たちよりもかなり多かったんですね。

無意識的に気になっていたんでしょうけど、逆に言えばそのぶん集中しきれていなかったわけです。

でも、それは彼女がどうこうという話では全くありません。

何度も書いてますけど、うまくいかなかったことがあったとしたら、それは全部私のせいにしてくださいね。

逆に、体験で想像以上のところまで到達できたとしたら、それは女の子がすごいんです。

腰からヒップラインの撮影

さて、そんな彼女でしたが、腰からヒップのラインがかなり素敵でして。

お願いして撮らせてもらったんですけど、あとからいただいた感想には「そのとき濡れていました」って書かれていました。

「相手が自分に興奮してくれたり、男性が気持ちよさそうにしてるを見るのが好きというのを再確認しました!」ということでした。

こういう女性は結構いるんですよね。

ですので男性は積極的に自分からスケベになったほうがいいんですよ。

変にカッコつけるのはお勧めしませんね。

そうそう、彼女からいただいた感想について。

体験に来てくれた女性たちには話しているけど、ブログなどには書いていないことが書かれているんですね。

ですので、今回は画像は載せません。

ちなみに「もっと触っていてほしかった」って話なんですけど。

ここでの体験は12時から20時が目安ですが、土日祝は場所の関係で開始終了とも少し早くなります。

また1時間くらい短くなるんですけど、彼女にはそれが伝わっていなかったので、もっと長いと思っていたんですね。

そういう事情でした。

ですので今後体験に来てくださる女性たちも、その点はご理解くださいね。

以上、もっと触っていてほしかったという、真由ちゃんの記事でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています

・応募人数1300名以上の女性のリアルな声
・体験人数130名以上の実践と経験
・国内外のさまざまなデータやエビデンス

以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています
中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-脳イキ、催眠