中イキ

初めての快感 あつこ

2015年3月7日

新たな女の子、あつこちゃん。

「イクという感覚がよくわからないので、気持ちいいことをたくさんしてみたい。」

「変に演技をしたりせず、ありのままに感じる体験をしたい。」

「性的にたくさんいじめられたい。」

これらのような動機で応募してくれる子は多いですね。

逆に言えば、多くの女の子が同じような不満をいだいているということでもあるんですけど。

彼女は経験人数は1人だけで、なんとなく程度ですが自身ではMじゃないかと思っていたそうです。

当然なんですけど、会った直後はすごく緊張していました。

それと事前に説明すると、かえって考えこんでしまうタイプの子だったかもしれません。

最初にやった催眠は全然ダメでした。

ここでの体験は、女の子が嫌がることはやらないのが大原則なので、何かをやるときは事前に説明や意思確認をすることが多いです。

でも、それが逆に女の子を身構えさせてしまったり、考えこませてしまったりすることも多いんですね。

そこでギブアップルールがあるわけです。

彼女の場合も、ギブアップルールに任せて意思確認せず私が思うように進めるやり方に切り替えました。

というわけで、彼女は自分の意思とは関係なく強引に何度もイカされるハメになってしまったわけです。

特に後半は緊縛電マ責めで大変なことになっていたはずですが、途中で自分でも言っていましたけど、意外とタフで負けず嫌いでした。

以前、こんなことを書きました。

「アタッチメント電マ責めは耐え切れる子は出てこないかもしれない。」と。

この記事ですね。

全裸で緊縛されての電マ責めでどうにかなりそうに 亜沙美

続きを見る

あつこちゃんは緊縛電マ責めに耐え切りました。

その様子は、またおいおい。

彼女が後日送ってくれた感想です。

お手紙くらいの長さになっていますが、興味のある方は読んでみてください。

うまく言葉にできないぶん、文字にすると思いを伝えることができる子なのかもしれません。

読んでもらうとわかると思いますが、彼女もかなりMっ気がある子だったので、そういう方向で体験も進めたわけです。

ちなみに文中でお尻を叩かれた話が出てきますが、これも事前の彼女の希望。

誰でも叩いているわけじゃないですよ。

希望があるか、インスピレーションを感じた場合にやります。

ただね、お尻を叩かれるのって意外と興奮する子も多いですし、実は性的快感にかわりやすい刺激の1つでもあるんです。

興味のある方は試してみるといいですよ。

というわけで、初めての快感を知った、あつこちゃんの記事でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています ・応募人数1300名以上の女性のリアルな声 ・体験人数130名以上の実践と経験 ・国内外のさまざまなデータやエビデンス 以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています 中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-中イキ