中イキ

イッたことに気づいていない女の子 レイ

11/01,2014

新たな女の子レイちゃんは、今までイッたことがなく悩んでいるうちに当サイトを見つけたそうです。

詳しく話を聞いてみるとイッたことがないのではなくて、どうもイッていることに気づいていないんじゃないかと思いました。

前に書いたと思うんですが、自分がイッていることに気づいていない子は、たまにいるんですよね。

また、これまで自分がオナニーをしていることにも気づいていなかったことがわかりました。

一般的なやり方とはちょっと違うので、それがオナニーだという自覚がなかったんですね。

小さいころからやっていたその行為がそうかもしれない。

と、改めて考えてみると気がついたと話していました。

イッたことに気づいていない子や、オナニーしていることに気づいていない子は、どちらも少数ですが確かにいます。

イッたことに気づいていない子は、たとえばめいちゃん。

オーガズムの感覚って個人差が大きく、女性によっては他人の感覚と大きく違うためにイッていると確信が持てないケースがあるんですね。

膣いき開発 めい

「中イキとは、膣イキだよね。」ということを、みおちゃんの記事で書きました。 クリイキに対応させると、そうなるということで ...

続きを見る

オナニーしていることに気づいていなかった子は、たとえば瑞季ちゃん。

一般的なやり方とは違うので、それがオナニーだと自覚していないまま習慣化しているケースが多いです。

オーガズム初体験 瑞季

新たな女の子、瑞季ちゃん。 彼女は自分がイッているかどうかよくわからない、という子でした。 そもそも、オナニーもしている ...

続きを見る

さてレイちゃんですが、彼女は催眠にハマるタイプだったのですが、今回はいったん抵抗してもらいました。

説明が面倒なので省略しますが、抵抗してもらったほうが、より深く誘導できる場合もあります。

その後ベッドに寝てもらい、さらに深く誘導。

ここで、催眠状態に入っていく瞬間の感覚に少し不安を感じたようです。

あ、ちょっと怖い。

以前、全身麻酔をかけられて意識が薄れるときの感覚を思い出したみたいです。

そういう子もいるので、そのときは無理せずいったん戻して再度誘導し直します。

今度は落ち着いてハマれたので、いろいろな催眠遊びをしました。

  • 髪をなでられると感じる催眠
  • 歩くと感じる催眠
  • 手のひらが感じる催眠
  • 唇や舌が感じる催眠
  • マッサージチェアで感じてしまう催眠
  • 足ツボマッサージで感じてしまう催眠
  • キスするとイッちゃう催眠

歩くと感じる催眠は外でやる予定でしたが、できませんでした。

室内で試したところ、数メートル歩いただけでフラフラになってしまい、何かに掴まりながらでないととても動けないくらい感じてしまったからです。

彼女、実は催眠を半分信じていなかったそうで、歩くと感じるなんてありえないと思って舐めていたそうです笑

ちなみに先週の記事で書いたトイレに行きたくなる催眠、今回もやりました。

ただ今回は、意地悪とは別の意図があります。

たとえばこういう子多いですよね?

「エッチのときに(アソコが圧迫されるように感じるせいか)トイレに行きたくなる。」

しかもトイレにいっているはずなのに、なぜかまた行きたくなることも少なくないじゃないですか。

彼女もそういうタイプだったんです。

でもね、催眠でトイレに行きたくなるようにできるってことは、その逆もできるんですよ。

トイレに行きたくなる感覚を薄れさせる、あるいはなくすことが可能なんです。

そうすれば、そのぶんエッチに集中しやすくなるので、そのためにトイレに行きたくなる催眠をやったんです。

さて本題の、自分がイッていることに気づいていないことについて。

先ほど当サイトの例をリンクしたように、自分がイッていることに気づいていない子は多くはないですが確かにいます。

男性に比べて自分の目ではっきり確認できる現象を伴わないからというのも、理由の1つでしょう。

またくり返しになりますが、女の子のイクときの感覚や、そのときに起きる現象って個人差が大きいものです。

一般的に「女性がイクときはこんな感じで、こんなふうになる。」という意見がありますよね。

でも、その感覚に当てはまらない子にとっては「これは私には当てはまらないなあ。」「私はこんなふうにはならないなあ。」と戸惑ってしまい、かえってわかりにくくなる原因でもあるんです。

いずれにせよイッているのにイッたかどうかわからない子の場合は、イッていることが自覚できればそれでいいんです。

ですので他人から見て明確にイッたと判断できるときに「あなた、今イッたよ。」と教えてあげることがポイント。

そのうえで、それを何度もくり返せば、自分自身はっきりとイク感覚を自覚できるようになります。

彼女の場合、イッたときに体がガクガク痙攣して背中にドッと汗をかきました。

一気に噴き出してくるような汗は意図的にかくのは難しいため、イッたかどうかわかりやすいサインの1つです。

それを何度かくり返したところで、こう伝えました。

マリモ
(こんなふうになるのは)イッていることが多いけど、イッてるんじゃない?
私イッたことあるかも・・・。これがイクっていう感覚なんですね。

今までイッていたのに、それに本当に気づいていなかったんですね。

それからは自覚したうえで中イキ連続イキできました。

とはいえイキ慣れておらず疲れが見えたので、あまり多くはイカせずに終了しました。

お役立ち記事

1

オナニーではイケるけど、エッチではイケない。 そんな悩みを抱えている女の子は、実は意外と多いんです。 なぜオナニーならオ ...

2

  オナニーのやり方を変えるだけで感度が良くなり、クリイキだけでなく中イキまでできるようになる。 そんなことを ...

3

ウーマナイザーとは、女性のクリトリスを空気の力で吸引しながら振動させる、という機能のバイブです。 いわゆる吸引型・吸引タ ...

4

膣トレという言葉が一般的に知られるようになってから、ずいぶん経ちます。 膣トレとはどんなトレーニングなのかや、実際にどう ...

5

  この記事では、誰でも言葉責めがうまくなれるよう、言葉責めのパターンをわかりやすく分類し、整理してお伝えして ...

-中イキ

Copyright© 女性の絶頂ブログ , 2019 All Rights Reserved.