中イキ

おㄘんㄘん でイッてみたい ゆず

2020年10月24日

新たな女の子ゆずちゃん。

33歳のOLさんで、初体験も早く、人並み以上にセックスの経験はあるとのこと。

性に対しての好奇心と興味、そして行動力がとってもある子でした。

同じように関心と行動が伴っていた子って、たとえばちぃちゃんなどですね。

ゆずちゃんの応募動機

数年前からブログを拝見させて頂いてました。

確か初めてマリモさんのブログを拝見したころの募集要項では<30歳以下>とあったため応募出来ずにいたのですが、ひさしぶりにダメ元で見たところ条件が緩和(?)されていたのでこの度応募させて頂きました!

(ゆずちゃんの応募メールより引用)

年齢制限は2019年の夏に緩和しました。

そのときにブログを移転したため、アクセス数が大幅に落ち込むことを想定したからです。

アクセス数が落ちるイコール、応募してくれる女性の数も減りますよね。

もともと年齢制限は応募数の増加に伴って設けていたものなので、応募数が減るなら緩くしてもまったく構わないんですよ。

ブログ開始当初は、40歳前後までOKでしたし。

わたしは初体験も早く、人並み以上にセックスの経験はあると思います。でもオナニーで中イキすることはあっても、おㄘんㄘん や男性の指でイッたことがありません。。

おもちゃやオナニーでイクのも気持ちいいですが、おㄘんㄘん でイクのって精神的にとても素敵な事だと思うので経験してみたいというのが1番の大きな理由です。

(ゆずちゃんの応募メールより引用)

おㄘんㄘん で中イキしてみたいって女性は多いでしょうね。

でも、それの難易度は結構高いことは、もっと知られてもいいんじゃないかと思います、男女どちらにも。

各種調査によって数字にバラつきはありますが、総じて中イキ経験者の割合って女性の半数未満なんですよ。

オナニー中や指、道具の使用などのケースを考えれば、おㄘんㄘん での中イキはさらに割合が減ります。

また中イキを邪魔している要素って、フィジカル面やメンタル面、シチュエーションや相手とのコミュニケーションなど多岐にわたる可能性があるんですね。

それに、そもそも女性のオーガズムは進化の過程で失われてきたものだ、という説もあります。

なので中イキは「できて当たり前」では決してなく、むしろ「できたら儲けもの」というのが本当のところです。

ただし、中イキの確率を高める方法はいろいろあって、自己開発ふくめた中イキ開発も、そのなかの1つなんですね。

当サイトで以前から載せているものは、たとえばこちらです。

感度は十分だったゆずちゃん

さて、ゆずちゃんの場合は、体験中におㄘんㄘん で中イキまでは至りませんでした。

でも事前に伺っていた話から「体の感度は十分だろうなあ」と思っていましたが、そのとおりでした。

上の画像は最初のマッサージ→性感マッサージ→中への刺激いろいろやって一段落したときの様子です。

ご覧のとおりダウンしてますね。

いったん休憩したあと、催眠をインストールしたうえでマッサージや乳首責めをしているときの様子が、こちらです。

ゆずちゃんがウーマナイザーでイッているときの様子

クリでは1回イクと敏感になり過ぎて続けられないって話だったので、あんまり道具は合わないだろうなーと思っていました。

もともとクリでの連続イキって難しい女の子も多いので、珍しくないんですけどね。

ですので、いちばんそうなりにくいウーマナイザーを使ったんですが、やはり連続は無理でした。

1分ちょっとでイッちゃってましたけど。

そのときの様子が下の動画です。

というわけで、おㄘんㄘん でイッてみたいという、ゆずちゃんの記事でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています ・応募人数1300名以上の女性のリアルな声 ・体験人数130名以上の実践と経験 ・国内外のさまざまなデータやエビデンス 以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています 中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-中イキ