中イキ

手マンでの中イキ開発 あやな

2018年2月10日

あやなちゃんは中が気持ちいいけれど、中イキはしたことがないと話していました。

でも寝バックが気持ちいいとのことで試してみたら、中イキ連続イキまで到達しました。

ただ、残念ながらそのときの様子は撮ってないんです。

寝バックにもいろいろありますが、今回はお腹の下に枕を挿れて、彼女が膝を曲げて脚を開いてつぶれたような体勢になるやつです。

って文字で説明するとわかりにくいよね。

そのうち何か考えます。

ちなみに下記の記事でも書いていますが、寝バックはやや難易度が高いです。

その代わり快感を感じられやすい性感帯が集まっている膣前壁、つまりアソコの中のお腹側をいい角度で刺激しやすいので、うまくできれば女の子が感じやすくイキやすいとも言えます。

ただ、寝バックをうまくやるための工夫が必要な場合もあり、それが枕の使用や開脚姿勢なんですね。

寝バックに限らずどんな体位にも言えることですが、脚を開いて脚を曲げて感じたりイッたりできるように体に癖をつけるというか、学ばせることって大事ですよ。

さて今回は寝バックの前の段階の様子です。

確か指で膣内を刺激している時だったかと思います。

激しく動いているように見えるのは彼女の反応であって、私のやり方が激しいわけじゃないです。

彼女はもともと感じやすいうえに、エッチにも積極的で解放しやすいタイプの子だったので、きっかけさえあればとっくに中イキできていたと思います。

そういえば、彼女こんなことを言ってました。

「Twitterで他の男性と会ったけど、あまりよくなかった。」

いわゆる裏垢男子とのオフパコってやつですね。

どんな様子だったのか詳しく聞いてみると、よくなかったのはテクニックとか以前に女性との接し方の部分でした。

体験に来てくれた複数の女の子たちから聞いてますけど、Twitterにしろ出会い系にしろ、よさそうな男性でも会ってみたら全然ダメってことはあるようです。

私も、女の子との接し方の部分でそう評価されないように、改めて気をつけないとね。

というわけで、あやなちゃんの手マンでの中イキ開発の様子でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています

・応募人数1300名以上の女性のリアルな声
・体験人数130名以上の実践と経験
・国内外のさまざまなデータやエビデンス

以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています
中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-中イキ