中イキ

乳首を愛撫するだけでいく かえで

2017年8月19日

乳首でイクなんていうのは漫画でありそうな話ですね。

ですが乳首が感じやすく、性感が充分に開発されている子であれば、乳首でイクことは充分起こりえます。

なぜなら乳首に触れたときと、女性器を刺激したときに反応する脳の部分は同じだからです。

女性器を刺激されてオーガズムに達することができるなら、乳首を刺激されてもそうなる可能性はあるということです。

つまり乳首はほぼ女性器と考えていいんですね。

たとえばクリトリスや中でイクときに乳首も刺激することをくり返せば、乳首だけでイケるようになることもあります。

また催眠を使えば、より確率が高くなります。

このブログでも何人か乳首でイク様子を載せていますね。

まみちゃんとか、わかりやすいです。

乳首いき まみ

続きを見る

さて、結構間が空いてしまいましたが、かえでちゃんの続きです。

彼女は体が勝手にイキ続けるという、ある意味オーガズムの到達点のレベルにまで達しました。

ですので、乳首を愛撫しただけでイクなんてことなら普通に起きます。

これまではエッチでイッたことがなかった彼女ですが、今回1日でそこまで到達したのは、もともと持っていた能力がうまく開花したということです。

人によっては、何らかのきっかけで一気に性感開発が進むこともありますので、今はまだイッたことがない子も、気にしない方がいいです。

動画を見るとわかると思いますが、彼女はイクときに脚を上げるタイプの子でした。

一般的に、脚は伸ばしていたほうがイキやすいとされますが、こうして持ち上げるタイプの子もいます。

たとえば、みおちゃんもそうでした。

実は、足を上げると腹筋に力が入りやすいのでイキやすくなる場合があります。

コアガズムといって腹筋中にオーガズムに達してしまう現象があるんですが、それは足上げ腹筋のときに起きやすいんです。

脚ピン癖がなかなか抜けずに困っている人は、逆に足を思いっきり上げることで腹筋に力を入れると、脚ピンしなくてもイキやすくなるかもしれません。

下記記事とともに参考にしてください。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています

・応募人数1300名以上の女性のリアルな声
・体験人数130名以上の実践と経験
・国内外のさまざまなデータやエビデンス

以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています
中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています

-中イキ