中イキ

自分の全てを曝け出して色々なことを楽しみたい アイ

2022年8月6日

「初めてマリモさんのブログを拝見したのは、明確に何年前というのは覚えていないのですが、私が◯◯生の時、8、9年前になると思います」

こんなふうに応募してきてくれたのは、アイちゃん。

これまで来てくれた女性たちの中でも、もっとも遠い地域から来てくれたうちの1人でした。

アイちゃんの応募動機

私は幼い頃から真面目なタイプでしたが、性への目覚めは同年代よりも少し早めだったと思います。

マリモさんのブログを見つけ、こんなに女の人がみんな気持ち良くなって素敵な体験をさせてくれる人がいるんだ!とずっっっっと応募したいと思っていました。

ですが遠方なことやタイミングのこともあり応募せずにいました。

とのことでしたが、今回タイミングと勢いで応募してくれました。

このブログ、最近は検索で見つけにくくなりましたけど、移転前はたくさんの女性が検索から見に来てくれていましたからね。

本来見ちゃいけない年齢の女性も結構見ていたはずです。

(念のため、当サイトは18歳未満は見ちゃダメですよ)

さて、そんなアイちゃん。

最近はイッているのか演技なのかわからなくなってきた、Mだと思うので緊縛を体験したい、NGなどはなくとにかく今までにないような気持ちいい体験ができたら嬉しい、といった動機も伝えてくれました。

最初は日帰り予定だったのですが、時間などの関係から前乗り(前泊)してくれました。

ですので彼女が泊まる場所や帰りの足の時間に合わせ、今回は体験場所も普段とは違うところにしました。

セックスのときのいい演技とよくない演技

セックスのときに女性って演技すること多いですよね。

演技って全否定するものではなく、雰囲気を盛り上げたり自分の気持ちを高めたりといったプラスの方向に作用する演技は全然いいんですよ。

たとえば感じているフリをしているうちに、本当に気持ちよくなってくるってことはあります。

あるいはちょっと声を大きめにしてみたり、体をよじってみたりすると相手男性も興奮して、よりエッチなセックスができることもあります。

でも逆に相手に誤解を与えるような演技や、自分自身の本心がわからなくなるような演技はなるべくしないほうがいいんですよね。

たとえば気持ちよくないのに感じているフリや、イッていないのにイッたフリは相手に誤解を与えます。

そして、今回のアイちゃんのように自分自身もよくわからなくなってくる、ってことも起きるんですね。

とはいえ、多くの女性は相手男性との関係を壊さないような配慮から演技をしているので、そういう演技をしないというのは現実的にはなかなか難しいことなんですけど。

なので、そういう演技が不要な関係の相手と、不要なセックスをする経験って大事なんですよね。

アイちゃんの体験の流れ

当日はわかりやすい場所で待ち合わせをし、ホテルへ移動。

普段のように雑談から始めましたが、彼女はブログを長年読み込んでくれていたので、最初の雑談は短めでした。

用意をしてマッサージ、性感マッサージと進みますが、性感マッサージの時点でかなり興奮していた様子でした。

そのあとはクリトリス刺激はせずに中に指を入れると、動かさなくても充分に感じてイケる状態になっていました。

何度か小休止をはさみつつ、指などで中イキ10回前後を数回くり返し。

イキ疲れたとのことでギブアップ宣言が出たので、ご飯を食べつつ長めの休憩。

その後、緊縛プレイやフェラ含む男性を喜ばせる方法などをやってもらいつつ後半へ。

2回目の挿入のときは中イキし過ぎて疲れた様子でしたけど、私がまだだったので終わるまでイキ続けてもらいました。

トータルで50回まではいっていないと思いますが、数十回の中イキ連続イキだったと思います。

オーガズムへの耐性

オーガズムへの耐性ってあるんですよね、外イキ中イキ関わらず。

クリでの連続イキが無理な女性は多いですけど、中には可能な女性もいます。

クリイキに比べれば、中イキのほうが連続でイケる女性は多いですけど、それでも数をこなすのはきついです。

100回前後連続中イキできる女性もいれば、10数回から30前後レベルでギブアップになる女性もいますね。

100回前後の女性は、ちょっと昔だとたとえばかえでちゃん。

体が勝手にイキ続ける かえで

新たな女の子かえでちゃん。 19歳の学生さんで、経験人数は年齢の割には多めで10数人とか。 でもオナニーではクリでイケるけど、エッチではイッたことがないと。 それどころかクリを人に触られると痛みを感じ ...

続きを見る

10数回でギブアップとなった女性は、たとえばあやのちゃんですね。

イッたことがないどころか気持ちよさがわからないレベルからの中イキ動画 あやの

新たな女子あやのちゃん。 元カレに不感症と言われてから、エッチがトラウマになってしまったそうです。 そんなあやのちゃんがどうなったかというと、合計20~30回程度の中イキ連続イキ、体外式ポルチオ連続イ ...

続きを見る

感じやすい感じにくい、イキやすいイキにくいのと同じようにオーガズムへの耐性や向き不向きってあるんです。

そう、どれも優劣じゃなくて向き不向きなので勘違いしないでくださいね。

アイちゃんの連続中イキの様子

こちらがアイちゃんの連続中イキのときの動画です。

いつもとホテルが違うので、カメラの位置や角度などが普段と違いますけど、ご理解くださいね。

指1本で中を刺激していますけど、いわゆる手マンのように動かしてはいません。

ぶっちゃけ入れてるだけです。

ちなみにこのあと10回前後の中イキを何度かくり返し、イキすぎてギブアップとなったわけです。

過去にも何度も書いていますけど、条件さえ揃えば指なんか動かさなくても女性は充分感じてイケるんですよね。

中に挿れているだけでイケるのも、体外式ポルチオでお腹を押さず揺すらずイケるのも、なんなら意識だけでノーハンドオーガズムできるのも女性の能力です。

これら全部女性がオナニー、というかひとりエッチでできますので、それだけ女性の心身のポテンシャルってすごいんですよ。

感度を上げたい女性必見!セックスでイキやすい体になる、ひとりエッチのやりかた

オナニーのやり方を「ひとりエッチ(1人エッチ)」に変えるだけで感度が良くなり、セックスでイキやすくなり、クリイキだけでなく中イキまでできるようになる。 そんなことを言われたら、簡単には信じられないかも ...

続きを見る

緊縛姿でも連続中イキ

後半の緊縛のときの様子。

彼女によると「(緊縛だけでは)自分でも意外なほど興奮していない」様子でした。

でも縛ったうえでいろいろと責めると、しっかり反応を示しました。

このあたりも女性によってさまざまなんですよね。

Mだと思っていたけど、縛られてもなんともなかったって女性もいます。

今回のアイちゃんのように縛られたうえで責められてはじめて興奮を覚えるタイプの女性もいます。

また縛られるだけで快感を覚え興奮し、縄酔いするような女性もいます。

このあたりも実際に体験してみないとわからないんですよね。

そしてこちらが、立った状態で縛られたうえで中を指で責められてイッちゃっているときの動画です。

アイちゃんの感想

彼女からは感想をいただいたのでコメントします。

(タップとピンチアウトで拡大できます)

初めての体験の際、前日はよく寝られなかったという女性は少なくありません。

それも当然のことで、いくらブログを読んでも実際に会うまでは不安しかないからですよね。

なので今後体験してくれる女性が寝られなかったとしても「他の女性もそうだったんだ」と思っていただいて大丈夫です。

最初は集中できなかったというのも同じで、たとえば最近だとえいみーちゃんも同じような感想を書いてくれています。

なので最初は集中できないとしても「みんなそんなもんなんだ」と思ってくださいね。

中の指を動かしてなくても気持ちいいというのは、少し前だとももちゃんも同じような感想でした。

指を挿れて動かさなくても感じてイケるってことは、挿入でも同様のことが起こりうるってことなんですね。

挿入型のオナニーをしている女性は試してみてください。

それと感想にも書かれているとおり、催眠術的な催眠はまったくハマりませんでした。

でもここ数年は会話から自然に催眠誘導する方法を好んで用いていて、そちらは大丈夫でした。

昔よく載せていたような催眠術的な催眠も楽しいんですけどね。

それから「褒める」について。

私は「良いなと思ったことを感じたまま」伝えるようにしているだけです。

なので意識して褒めようとかしていませんし、当然お世辞とかでもないです。

逆に言えば女性にとって必ずしも嬉しいばかりじゃないかもしれませんので、もしそうだったらごめんなさいという感じですね。

それからいくことへの体力不足=さっき書いたオーガズムの耐性の話ですけど、これ当然伸ばせます。

方法はいずれ機会があれば。

というわけで、自分の全てを曝け出して色々なことを楽しみたいというアイちゃんの記事でした。

  • この記事を書いた人

マリモ

女性の絶頂ブログを2012年から運営しています。

・応募人数1400名以上の女性のリアルな声
・体験人数140名以上の実践と経験
・国内外のさまざまなデータやエビデンス

以上をベースに、どうすれば女性にとって気持ちいいセックスができるのかを約20年追求しています。

中イキや脳イキをはじめとしたオーガズム全般や感度をアップする方法、エッチを楽しむためのさまざまなプレイなどについて書き続けています。

-中イキ